Shorts Youtube

実は日本が世界一

Contents

Transcription

Super hard laguage 日本

世界一難しい言語と聞くと「アラビア語あたりかな?」と思ってたんですが、どうやら日本語が最も習得に時間のかかる言語だとされているらしいです。

その意見の出どころは、アメリカ合衆国国務省の外交官養成局(FSI)です。

この外交官養成局が、アメリカの外交官が「プロの業務に使えるレベル」になるまで、どのくらい習得に時間がかかるかを、言語別にランク分けして発表しているんです。

例えば英語を話すアメリカ人にとって

英語に最も近いデンマーク語、オランダ語、イタリア語などは半年程度でマスターでき、次に難しいランクがドイツ語やマレー語などで、900時間必要。

その次にロシア語やネパール語で、おおよそ11か月かかるんです。

これ一般人の話じゃないんです。政府職員クラスの特に外交官という超エリート達が習得に11カ月かかる。

そしてこのランクにおいて最難関の言語が「Super-hard languages(超ハードな言語)」と評される日本語なのです。

日本語の習得には88週、2,200時間のトレーニングが必要で、最低2年の習得期間がかかると言われています。

何故日本語がアメリカ人にとって難しいかと言うと、日本語が英語から最も遠い言語だからです。

-Shorts, Youtube
-