Shorts Youtube

過去・現在・未来総合して“世界一賢い国”はどこ?

Contents

Transcription

世界で最も賢い国、日本

世界で最も賢い国と聞くと、皆さんはどの国を想像しますか?

天才的な数学者を擁するインドでしょうか?それともノーベル受賞者世界最多300人を排出するアメリカですか?

いいえ違います、日本です。

「vouchercloud」というイギリスの金融会社が発表したランキングで、各国の過去、現在、未来の頭脳レベルを総合し、順位付けを行ったのです。

  • 過去はノーベル賞の受賞者数
  • 現在はIQ(知能指数)
  • 未来は世界各国の学校テスト

を指標としており、それぞれを見ると

ノーベル賞の授賞者ランキングでは、アメリカ中国に次ぎ、日本は26人で世界6位

国家別IQはアジア勢が世界を独占し、シンガーポール、香港、韓国等に次ぎ世界6位

学校のテストランキングでもアジア勢がTOPを独占、シンガポール、中国などに次ぎ、日本はまたも世界6位

つまり、「過去」においては欧州が先行していたが、「現在」「未来」においてはアジア勢が独占しているのです。

しかし日本にだけそこに当てはまらない。

なぜなら、過去、現在、未来と日本は常に世界のTOPにおり、故に総合的にみると、現在世界一賢い国は日本だと評されたのです。

-Shorts, Youtube
-